顎関節症とプラキシズム

プラキシズム

プラキシズムというのは、あまり聞きなれない言葉ですが
グラインディング(歯ぎしり)、クレンチング(くいしばり)、
タッピング(上下の歯をカチカチ鳴らす)の3つを総称して
呼ばれる名称です。

中でも多くの顎関節症患者に見られるのがグラインディングと
クレンチングです。顎関節症の治療で頻繁に使用されるスプリント
と呼ばれるマウスピースのようなものがあります。このスプリントは
グラインディング(歯ぎしり)やクレンチング(くいしばり)を
軽減して、顎関節へのストレスを減少させることや一定期間使用した
スプリントを観察する事でどこにストレスが強くかかっているのかを
確認したりする事を目的として利用されています。


■グラインディング(歯ぎしり)

寝ている間に起こることがほとんどなので自覚症状が無いケースも
ある。起床時にあご周辺の筋肉の疲労や痛みなどで気づく事もある。
ほとんどの場合、家族などに指摘されて初めて気づくようです。
これを放置しておくと歯が擦り減るなどします。当然あごの関節に
多大なストレスをかける事になります。


■クレンチング(くいしばり)

クレンチングは例えばゴルフのスウィングや野球のバッティングで
打つ瞬間などに誰もが自然に行っていることなのですが、精神的な
ストレスなどから何もしていない時に無意識のうちにくいしばって
しまうのが問題です。1回1回のくいしばり自体のストレスがそんなに
大きくなくても、それを恒常的にしているとすれば顎関節には非常に
大きなストレスをかける事になります。


これらは先程も触れたように精神的なストレスから始まる事もありますが、
歯医者で新しくかぶせた銀歯の高さが、ほんの数ミリ違うだけでもあごを
通して脳がその違和感を検知することによって、これをストレスと感じ
無意識のうちに始まる事もあります。


歯の治療などで少しでも違和感を感じたら積極的に歯科医に説明して
改善に努めないと大変な事になるケースがあります。



posted by tmdjiten at 12:00 | あごの痛みと顎関節症

顎関節症と肩こり・腰痛

前回のお話で下あごの果たしている重要な役割について知ってもらえたかと
思います。下顎は全身のバランスをとるために目や耳の中にある三半規管と
協力して働いているということでした。


さて、あまり難しく考えることは無いのですが顎関節症や咬み合せの
不具合の結果として顎がずれてしまったり、あごの動きがおかしくなったら
一体どういうことが起こるでしょう。
当然身体のバランス感覚に乱れが生じて骨格が歪んだり背中などの筋肉の
張り具合がアンバランスになったりします。つまり背骨がゆがみ始めます。
それによって肩こりや腰痛などの症状が出やすくなるという訳です。


ですから、現在肩こりや腰痛などでお悩みの方の場合、整体やマッサージ
カイロプラクティックなどに行っても一向に良くならないのであれば
噛み合わせなどを専門に見ている歯医者さんに行くといいかもしれませんね。
posted by tmdjiten at 12:00 | あごの痛みと顎関節症
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。